白ニキビのスキンケア方法は洗顔で決まる

ニキビの原因を知り、洗顔のやり方を見直しましょう

白ニキビの原因は色々ありますが、皮脂の分泌が過剰になることで出来る事がその一つです。皮脂の分泌が過剰になってしまうと、毛穴がふさがりやすくなってしまいます。きちんと洗顔をしているのに、却って白ニキビが出来てしまったという経験はないでしょうか。それはもしかしたら丁寧な洗顔を心がけすぎて、1日数回も洗ってしまっている事が原因かもしれません。ニキビの予防は洗顔によって余計な皮脂を落とすことが原因ではありますが、何度も洗顔したりした場合、かえって逆効果になるということも多々あるのです。肌を何度も洗うことによって、肌のバリア機能は低下してしまい、水分や油分は蒸発してしまいます。そしてそれを補うために肌はさらに皮脂を出そうとします。それがニキビを悪化させたり増やしたりしてしまう原因となってしまうのです。洗い過ぎは肌を守ってくれている機能を低下させてしまうということです。健康な肌は、肌の内部で作られている油分や水分等によって潤いが保たれています。これは皮脂膜が外からの刺激をブロックしてくれているからです。しかし、洗顔を何度も行ってしまったりという外部からの刺激によって、肌のバリアの機能は低下してしまいます。それを守ろうと分泌された皮脂が毛穴につまり、ニキビが出来てしまうというわけです。

石鹸での程よいスキンケアが有効です

前述のとおり過剰な洗顔は皮脂の過剰分泌を促してしまい、却って逆効果になってしまいます。そのため、石鹸でのしっかりとした洗顔は夜だけ行い、朝はあっさりと水のみでやさしく行うといった事を行うことが、ニキビなどの予防のスキンケアにはとても重要な事です。また、スキンケアは肌の本来あるべき状態に戻すことです。まず肌を育てる、よい状態を保つということを念頭に置いて、出来るだけ肌に優しい洗顔料を選びましょう。シンプルなものが、意外にも白ニキビ予防には一番有効です。赤ちゃんでも洗えるような優しく刺激の少ない石鹸はなおお勧めです。ニキビなどにいいと謳っている石鹸でも人によっては合わない栄養成分が含まれていたりと、炎症を起こしやすい場合もあるのでシンプルなものが一番といえるでしょう。洗い方としては、泡をたっぷりと泡立て、撫でるように洗うこと、これが最も肌に優しい方法でしょう。消して強くこすったりすることは避けて下さい。間違った洗顔フォーム選びや洗顔法を続けたりしていると、肌の状態が悪化してしまいます。そうなると肌を守ってくれる細胞も弱ってしまい肌はますます悪化の一途をたどってしまいます。また、水のみで洗顔をするという方法も試してみるといいかもしれません。

赤ニキビを防ぐための洗顔法と化粧水を使ったスキンケア

洗顔と化粧水で赤ニキビを防止する方法その1

食べすぎや偏った食生活、仕事の疲れや睡眠不足、私の場合様々な原因で赤ニキビが顔に出現します。なってしまうと薬を付けて治まるのを待つしかなく、仕事に行くことも嫌になるくらい憂鬱な気持ちになるものです。そのため、できるだけ赤ニキビを発生させないように時間がないとき、疲れているときでも夜のスキンケアに気をつけるようにしています。汚れを落とすことと化粧水での保水は基本だと考えているので、丁寧に行うよう心がけています。

さて、具体的な方法ですが、まずはオイルで行います。油には油でというのは基本かと思うので、まずは油分を落とすためにオイルを使って汚れを浮かし洗い流します。この洗い流す作業もある程度しっかり行いますが、やはりべたつきが取れないので、ここで固形の石鹸を泡立ててオイル分を落とすために顔に泡を付けて洗い流します。オイルクレンジングの後するに洗顔フォームという方も多いかと思いますが、私の場合はオイルクレンジングの後にオイル分を落とすため石鹸を使うというのが人と違う点かなと思っています。そしてここから洗顔フォームを使います。石鹸と同様にあわ立てますが、石鹸のときとは違いかなり硬い泡になるようにします。

洗顔と化粧水で赤ニキビを防止する方法その2

洗顔フォームで硬い泡を作る理由は、汚れをしっかり吸着させるためです。オイルを使って油分は落としていますが、完全ではありません。小鼻のところなど顔は複雑な形をしている箇所が多いので、変幻自在な泡に動いてもらい汚れをしっかり吸い取ってもらうようにします。ゆるめの泡だと流れ落ちてしまうので、硬い泡をつくることでしっかりとその場所に留まり汚れを吸い取ってもらうようにします。くるくると泡をころがし、できればここで数分間泡を乗せて置くようにします。その後は洗い流しますが、洗い残しがないようにシャワーをしっかり顔にあてこれも1分程度は浴びるようにしています。

この後入浴などを済ませると次は保水です。私は高い化粧水を使っておらず500mlで500円から1000円のものを使用しています。まずは顔や首全体にパッティングを行います。1分程度行うとなじんでくるので、次にローションパックを行います。ティッシュペーパーを小さく折り、そこに化粧水をたっぷりと含ませて再度半分まで広げたティッシュペーパーを頬から鼻、反対側の頬までで1枚、おでこに1枚、あごに1枚、合計3枚を使って行います。あまり時間をかけてもよくないので、5分から7分程度ではがしてあとはクリームを塗って完了です。ティッシュも無駄にせずそのまま体のパッティングに使っています。毎日このケアをしてから赤ニキビの出現回数はかなり減った印象です。

自分だけのスキンケアのルール

肌トラブルは、あらゆる女性の悩みの種

多くの女性を悩ませる肌トラブルの代表格といえば、ニキビと毛穴の黒ずみが挙げられるだろう。これらによって、世の女性の90パーセント以上が、今現在苦しんでいる、もしくは過去に苦しんだことがあるはずだ。まさに女性の肌における永遠のテーマと言えよう。

私自身も、思春期の頃には絶えず出来るニキビに悩まされ、市販で手に入るものは何でも試してみた。成人した今でも、疲れている時などには大きな吹き出物ができ、見た目はもちろんのこと、その痛みなどにも煩わされている。

また、初めて中学生で鼻の毛穴の黒ずみに気づいたときは、スキンケアを誤り、毛穴を無駄に開くようなことばかりしてしまった。友人に聞いたことや、雑誌などに載っている対処法を、片っ端からいくつもマネしてみたものだった。

しかし様々な肌トラブルは、正しい対処をすれば必ず良い方向に改善されていく。どのような人でも、とてもシンプルな方法で、肌は綺麗な状態に持っていくことができる。

このことは、肌トラブルをまず自分の体質から考えてみた、私の実体験から導き出した結論だ。周りの友人にも賛同を得ることが多いので、ぜひここで紹介したい。肌トラブルで行き詰まった方には気楽な気持ちで読んでみてほしい。

健康的な肌を取り戻すためには、自分を知ること

まず私自身について説明させていただきたい。私はかなりズボラで、肌のお手入れもマメではない。

というのも、私は肌が弱く敏感肌で、化粧水に保湿液まで毎回付けてしまうと、逆に肌が荒れてしまったりする。また、つけ慣れていない化粧水や、アルコールの入っている製品をつけるだけでも、かぶれてしまったりする。

メイクをすることもあまり肌に合っていなくて、できれば素肌の状態か、かなり薄いナチュラルメイクでいたい。

なので、余計なことはなるべく何もしないという方針でやってきた。

そんな私が編み出したベストの方法は、肌を刺激し過ぎず、なおかつ甘やかし過ぎないことだ。

肌を刺激しないというのは、自分が不快に思うようなことや煩わしく思うようなことはしないことである。例えば私の場合、濃いメイクの次の日はスッピンか薄いメイクにしたり、つけ心地の悪い化粧品はすっぱりと使用を辞めるなどである。

また肌を甘やかし過ぎないことも大事で、それは肌自身の機能を高めてあげるということでもある。例えば、洗顔後化粧水をつける時間を少し遅らせてみると、ぐんぐん肌が化粧水を吸って、その効果が大きくなったりする。保湿液なども必要ない。

肌自身が持つ再生力を実感する瞬間だ。

以上が、私が日々心がけているスキンケアのルールだが、これを実践していると肌の調子が良い。

肌の状態は個人差があるので効果は一定ではないが、無理のない範囲で自分に合ったスキンケアのルール作ることをおすすめしたい。

白い肌を維持するためのスキンケア

シミやくすみを防ぐために肌を守ること

美白ケアには大きく分けて2種類あるのですが、まずひとつめは、シミやくすみができてしまわないように肌を保護するというケアです。そしてもうひとつが、できてしまったシミやくすみを除去するというケアです。

シミやくすみの原因は、メラニン色素の沈着にあるのですが、一度沈着したメラニン色素を肌から除去するには、長い時間がかかります。沈着しているということは、肌の奥深い部分にこびりついているわけです。そのためハイドロキノンが配合されているクリームまたはターンオーバーを促すプラセンタなどによって、肌表面から少しずつ沈着している部分にアプローチしていく必要があるのです。

しかし、せっかくシミやくすみを除去することができたとしても、再びメラニン色素が沈着してしまうこともあります。すると、再び除去のためのケアが必要になるので、いたちごっことなります。

したがって美白ケアは、メラニン色素が沈着しないように肌を守ることが非常に重要と言えます。そしてそのために必要なのが、抗酸化作用のある美容成分を、毎日肌にたっぷりと与えることです。メラニン色素は活性酸素によって多く作り出されるようになるので、抗酸化作用のある美容成分で活性酸素を抑えれば、シミもくすみもできにくくなるのです。

紫外線を浴びる全ての部分にスキンケア

抗酸化作用のある美容成分には、ビタミンC誘導体やコウジ酸など色々とあるのですが、いずれも肌に与えておくことで、それら自体が活性酸素の影響を受けるようになります。その分、肌が受ける影響を減らすことができるというわけです。

ビタミンC誘導体もコウジ酸も、化粧水などの基礎化粧品に多く配合されています。顔用の基礎化粧品もありますが、オススメなのは全身に使用できるボディローションです。活性酸素は紫外線を浴びることで強力になっていくのですが、紫外線を浴びるのは顔だけではありません。衣服から露出している部分は全て浴びることになりますし、特に浴びやすいのは襟元や腕や手の甲です。いくら顔の肌が白くても、これらの部分にシミが多くできていては、あまり美しくは見えなくなります。そのためこれらの部分にも、ボディローションでスキンケアをおこなっておくことは、とても大事なのです。

そして紫外線は、基本的には毎日浴びることになります。つまり毎日活性酸素の影響を受けるということですから、活性酸素から肌を守るスキンケアは、毎日こまめにおこなう必要があります。特に入浴後や洗顔後、出かける前などにはしっかりとスキンケアをしておきましょう。そうすることでシミもくすみも防がれ、白い肌を維持しやすくなります。

化粧水をつかったスキンケア方法

スキンケアはとても重要なのです

スキンケアは1年を通してとても大切で、怠ってはいけない手入れとなっています。それは1年中紫外線や外気に含まれている様々な物質が肌に影響してくるからなのです。

ケアの方法は季節によって変わっていくのですが、1年を6季に分けてケアしていくと肌は美しく保つことができるのです。

まずは極寒の季節です。この季節はとにかく保湿をして下さい。美容液やクリームなどを重ねて塗るW保湿がとても大切です。

次に冬から春に変わりつつある季節です。保湿をしながらも紫外線を防いでいかなければならないため、クリームで保湿しながら紫外線をカットする化粧水をたっぷりと肌にしみこませて下さい。

そして春から梅雨にかけてです。紫外線をカットしながらも汗をかき始める季節となってくるため、洗顔をしっかりとして下さい。この季節に洗顔をきちんとしないとあとから肌に影響がでてしまうのです。

4つ目に初夏です。美白に気を付けていかなければなりません。日に焼けやすくなるために、美白効果のあるクリームや化粧水は必ずしましょう。

5つ目に夏から秋です。夏の疲れが出やすくなってくるため角質のケアをしていきましょう。角質が落ちやすくなっているため、角質除去の美容液を使っていくとよいです。

最後に秋から初冬です。ここからが保湿を本格的に行いましょう。そうすることで冬のお手入れが楽になっていくのです。

このように季節に応じてのケアが大事なのです。

どんな化粧水を使えばわからなくなった時はこうしましょう

様々な人がいるように化粧水も様々です。そして合うものも様々となってきます。そのためどのような物を使ったらよいか迷ってしまいがちです。そんなときはこんな風に選んでいくと良いのです。

ニキビ肌に困っている人には皮脂を抑えて、さっぱりするタイプというものを選びがちなのですが、保湿成分のあるものを選ぶとよいです。これは保湿タイプにはヒアルロン酸やアミノ酸が含まれているため、これがにニキビにきいてくるのです。

美白になりたいという人には美容液がたっぷりと含まれているものを選びましょう。そして特に美白にしたい部分に集中的に行うと良い効果がでてきやすいのです。

そして法令線に悩んでいる場合はとにかく保湿がしっかりできるものが良いでしょう。しかしただ保湿をすればよい訳ではありません。天然保湿成分が配合されたものを選ぶと良いのです。ここには肌のハリを補うセラミドなどが含まれており、これが法令線にきいてくるのです。

このようにただ何となく良さそうだからと言って購入するのではなく、自分が今どうしたいか、どんな悩みをもっているかをきちんと向き合っていき、購入していくことがとても大切なことであり、今後の自分が美しくなるのです。